周囲ばれしないような美容整形の選び方を伝授

ばれたくないならメスを入れないのは絶対

美容整形でなりたい顔や体になりたいけれど、周囲ばれが心配という方は多いようです。周囲にばれたくないなら、メスを入れる手術はやめましょう。メスを入れると傷ができるので、それが治るまでは何らかの形でそこを覆っておく必要があります。ケガをしてしまったと周囲に説明する方法もありますが、いちいち説明するのも面倒でしょう。今ではメスを入れずに注射をするだけのいわゆるプチ整形も多いので、周囲ばれが心配なら、プチ整形は基本です。

ダウンタイムが短いのは大前提

またダウンタイムがない、もしくは短いのも基本です。ダウンタイムとは施術後日常生活に戻れるまでの時間のことです。つまりこれが長いとなかなか日常生活に戻れないので、長くても1時間程度の施術にしましょう。注射をするだけとか光を当てるだけなどの方法なら、ダウンタイムもほとんどなく、施術後にメイクをして帰宅できることも多いです。赤みなどもメイクで隠せるので、周囲にばれる心配がありません。施術後に激しい運動は控えた方がいいですが、これなら施術後の仕事も可能なのです。

何かを追加するのではなく肌力を引き出す方法がベター

注射をするだけのプチ整形といっても2種類あります。ヒアルロン酸注入などハリなどの元になる物質を注入する即効性のある方法、それとサーマクールなどの自分自身の力を利用する方法です。周囲ばれが心配なら後者の方がおすすめです。ヒアルロン酸は即効性が大きな魅力ですが、変化が激しいので周囲ばれの心配があります。サーマクールは肌内部のコラーゲン繊維などの生産が活性化することで徐々にハリが戻る方法なので、変化が緩やかで周囲ばれの心配が少ないからです。

現在女性はもちろん、男性が美容整形をするといったケースも珍しくありません。日帰りで手術を受けることができる場合もあり、安心です。