周囲まで迷惑をかけてしまうわきがの対処法とは?

わきがは周囲に迷惑がかかる

電車やエレベーターなどの密室、汗とは違う何やら不快な臭いを感じたことがある人はいませんか。もしかしたらそれはわきがかもしれません。わきがは鉛筆の芯の臭い、納豆の臭いなど、さまざまな臭いに例えられていますが、そのどれもが「不快感」を感じさせるものとなっています。特に汗をかきやすく、露出の多い夏の場合、多くの人がその臭いで嫌な気分になっているかもしれません。アポクリン腺から出る汗が原因とされるわきがですが、対処法もあるのです。

わきがは自己ケアも大切!

わきがでもケアに注意をすることで、ある程度臭いを軽減することができます。まず、汗をかいたらすぐ拭くということ。アポクリン腺から出る汗の臭いがわきがの臭いに直結していますので、少しでも汗を拭いた方が良いでしょう。また、制汗剤を利用することも大きな効果があります。汗をかきにくくなりますので、臭いの原因からシャットアウトすることができます。鞄の中に制汗剤やタオルを忍ばせておくだけである程度の対策ができるのです。

最悪の場合は手術もあり

タオルで拭いたり制汗剤を利用しても臭いが気になるという人は手術をするという方法もあります。臭いの原因となるアポクリン腺を取り除く手術が主流です。多少の傷跡が残る可能性はありますが、もともと目立たない場所ですのでさほど気にする必要はないかもしれません。問題は費用で、一般的に30万円から50万円ほど必要だと言われています。そのほか、超音波吸引治療や皮下組織削除法などがありますが、どれも多少お金がかかってしまいます。それでも、一生臭いに悩まされるよりは一度手術を敢行したほうが良いかもしれませんね。

わきがは遺伝の要素が強いことが知られています。しかし、肥満や生活習慣が症状を進行させることがあるので注意しましょう。