知っていますか?今話題の血液クレンジング

血液クレンジングとは

血液クレンジングをご存知ですか?血液をクレンジング(洗浄)するって、何だか怖い気がしますよね。血液クレンジングは、別名オゾン療法とも呼ばれます。意外に歴史は古く、40年以上も前にドイツで開発され、ヨーロッパを中心に広く親しまれています。そのため、安全性は確認されており、エリザベス女王のお母様も、老化予防のために血液クレンジングをされていたとか。最近では、ハリウッド女優などの間で話題となり、日本でも人気が高まっています。

血液クレンジングってどんなことをするの?

血液クレンジングは、オゾン療法と呼ばれる通り、オゾンガスを用いた療法です。オゾンは化学記号はO3で、不安定な状態です。そのオゾンを血液に取り込むと、オゾンは酸素O2に変化し、さらに分解されて残ったO同士も結びついて酸素になります。つまり、血液中の酸素の量が増加します。血液中に新鮮な酸素が増えると血行が良くなり、細胞の代謝も上がります。でも、直接身体にオゾンを注入するわけではありません。オゾンを混ぜるのは、あらかじめ抜いておいた100ccほどの自分の血液です。その血液を点滴で体内に戻すことで、全身の血液も活性化します。かかる時間も30分ほどで、手軽にできるので人気があるんですね。

どんな効果が期待できるの?

全身をくまなく走っている血液は、新鮮な酸素や栄養を細胞に運んでいます。また、老廃物を受け取り、排出するのも血液の仕事です。そのため、血液の健康は身体の健康と直接結び付いていると言っても過言ではありません。血液クレンジングをすることによって、血液がサラサラの状態になり血行が良くなります。新陳代謝が促進されることで、免疫力もアップします。それが、血液クレンジングが老化予防や健康増進に良いと言われる理由です。人気のある療法のため、今では数多くのクリニックがおこなっています。もし、血液クレンジングを希望する場合は、丁寧な説明やカウンセリングをしてくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

血液クレンジングとは血液を体内から抜き取って、それにオゾンガスを混合して体に戻すアンチエイジングの方法の事をいいます。