結婚式に出席する時のネイルはどうしたらいいの

結婚式に出席する時には

結婚式に招かれて出席する時、衣装にタブーがあるのはご存知でしょうか。一般的に花嫁の色とされる白は避けた方が良いと言われていて、これは広く知られていますが、それではネイルに関してはどうかというと首を傾げてしまう人が多くなっているはずです。親族として出席する場合はネイルは控えた方が良く、爪が汚れている場合はベージュやクリア系で清潔感を出しましょう。ゲストの場合もベージュやピンク、クリアが良く、白はタブーではありませんがポイント使いがおすすめです。

避けた方がいい色とは

では結婚式に出席する時に避けた方がよいネイルの色はなにかというと、ダークカラーは晴れの日に暗いイメージを与えてしまうのでやめておいた方がいいでしょうね。またカジュアルテイストのものも場の雰囲気を乱してしまうので避けるのがおすすめです。そして爪という狭い範囲内でありますが、主役である花嫁さんを引きたてることを考えて、あくまでシンプルにすることが大切になります。場の雰囲気に合わせること、衣装選びと同様に考えましょう。

デザインはシーン別に考えましょう

結婚式に出席するといっても、挙式そのものから披露宴、二次会とさまざまなシーンがあります。そして女性ならそれぞれ衣装を変えるのが普通になっていて、ネイルも服装に合わせたデザインにするのがよいでしょう。ただ二次会であっても結婚式の続きということを忘れないようにして、あくまで花嫁を引きたてるようにして、明るいカラーとシンプルなデザインにしましょう。全体を通して清潔感のあるものにすること、それが大切なポイントです。

ネイリストは、スクール卒業後、修行をある程度積んで自信があれば、開業資金も安く独立することができます。